葛飾区の歯科インプラント 鈴木歯科医院
HOME>医院紹介

設備紹介

正確・安全な治療のために最新の設備を整えております
マイクロスコープ

マイクロスコープ画像

 

高い精密度で治療を行うため、マイクロスコープ(歯科用拡大鏡)を設置しております。
肉眼で見る6~32倍の大きさで患者様の口腔内を見る事で、より「正確」かつ「精密」に、そして安全な治療を行うことができます。そのため、マイクロスコープを各ユニットに一台ずつ設置しております。
治療水準を向上させるという点においては、もはやマイクロスコープはなくてはならない存在となっています。 鈴木歯科医院ではほとんど全ての診療にマイクロスコープを用いております。 歯科医師が行う治療、手術だけでなく、歯科衛生士が行う、クリーニング、メインテナンスにおいても最大限活用し精度の高い治療を行っております。


歯科用CT機

通常のレントゲン写真は2次元であり情報量に限りがあります。 顎の骨の形は人によって様々で、3次元で立体です。よって、正確な骨の状態を診査するためにはCT撮影が必要不可欠になります。

・通常のレントゲンと異なり2次元の画像では無く“上下左右”あらゆる角度から顎が見られる。
・通常のレントゲンと比較し約10分の1の照射量のため、人体への影響が非常に少ない。
・3次元撮影が可能なのでコンピューターを活用した具体的なシュミレーションができ、正確かつ安全の治療ができる。

サージカルガイド

当院では、CT画像上でインプラント治療をシュミレーション後、そのシュミレーションに基づいてサージカルガイドを作製します。
サージカルガイドを用いると1mm単位で埋入位置をコントロールできます。 そのため、埋入部に骨の量が少ない場合や、神経の近くまで埋入しなければいけない時なども安全に治療を行う事ができます。
作製はインプラント治療で世界的に評価の高いドイツへ依頼しています。

 

歯科用レーザー

当院では主に、根管治療・口内炎治療・メラニン色素除去などに用いています。

手術用チェアー

治療の内容によっては長い時間がかかる事があります。 患者様の負担を軽減する為、インプラント等の外科手術を行う際には専用チェアーを用い手術以外の事にストレスを取り除けるよう努めてます。