葛飾区の歯科インプラント 鈴木歯科医院
HOME>インプラントについて

インプラントについて

インプラントとは
インプラントとは

従来、歯を失った場合の治療法は、両隣の歯を削って橋渡しにする方法(ブリッジ)もしくは、取り外しの入れ歯が一般的でした。
ブリッジは、健康な歯を削らなければなりませし、両隣の削った歯に負担がかかったりします。 また、取り外しの入れ歯は、違和感があり食べ物も詰まりやすく、お手入れが難しいです。
インプラントとは、顎の骨と生体親和性のよいチタン製スクリューを顎の中に埋め込み、それを歯の根がわりにしてその上に人工の歯をいれる治療法です。
ブリッジや入れ歯と比べて、健康な自分の歯を削ることなく歯をつくることができますし、入れ歯のようにガタついたりしないため、自分の歯があったときのようにお食事もしっかり咬むことができます。

 
インプラントのメリット
1.一本から全歯欠損まで治療可能で、周りの歯を傷つけない

インプラントは、欠損部分だけを補うことが出来る治療方法です。
インプラントは独立した構造をしているので、ブリッジや入れ歯のように他の部位に負担をかけません。
歯を一本失った場合は、その部分にインプラントを入れ、歯を全部失った場合は、失った本数だけインプラントを埋入します。


2.特別な手入れが不要で、半永久的な治療効果

人工歯根は顎の骨と直接結合しているので、取り外してのお手入れは全く不要です。 日常のお手入れは天然の歯と同じように歯ブラシで毎食後にブラッシングするだけです。
入れ歯のように食べ物が挟まって不快感を覚えることもありません。
また、治療後のケアを怠らなければ、治療効果が半永久的に続くことは、インプラントの最大のメリットです。 実際、世界で最初に1965年に純チタンによるインプラントを導入した患者さんは、現在もなお問題なく機能しているとのことです。
インプラントを長持ちさせるために定期的にクリニックでメンテナンスを受けましょう。


3.不満の解消

歯を失ったことによる食べ物の制限、不快感、精神的ストレスなど、さまざまな不満や問題を解決します。


4.入れ歯の様に滑る事やずれる事もなく、食感を損なわない

上部構造がしっかり固定されるので、入れ歯に特徴的な「すべり」や「ずれ」がありません。
また、器具がお口の中を覆うこともありませんので、食べ物の食感を損なうこともありません。


5.天然の歯と同じように噛むことができ、同じような見た目

インプラントは、歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯冠を取り付ける治療方法です。
私達が物を噛む時の力は、想像以上に大きいものです。 丈夫なインプラント(人工歯根)治療を施していれば、天然の歯の時と同じように力強く噛むことが出来ます
また、その見た目は天然の歯と区別が難しいほど自然な仕上がりです。